症例紹介

インプラント

インプラントについて

インプラント治療は歯を失ったところを補う方法(ブリッジ、入れ歯、インプラント)の一つであります。
インプラントの一番の利点は残っている歯を力から守る事でしょう。欠点は外科手術、コスト(自由診療)が主になります。

当医院ではなぜ歯を失ったかを診査診断しインプラント治療を行います。もし力で歯を失っているところにインプラントをそのまま行ってしまうと
相手側の歯を失ってしまうかもしれません。インプラントは骨と直接ひっつきますので天然の歯とは違い歯根膜という組織が存在しません。
歯根膜は噛みごたえなどの力をコントロールしている組織です。

今回は自覚症状のある強度な歯ぎしりを行っている症例です。被せ物の形態は咬頭傾斜を緩め側方からの力を逃がしマウスピースを使用して頂くことにより歯ぎしりからによる力の予防を行いました。。
また右下6番の根っこの治療後大きな根尖病巣が消失し骨が再生されてきているところもポイントです。

細菌からによる炎症とブラキシズムなどからによる力のコントロールが歯を失いにくくする最大の秘訣だと考えております。

治療前
治療後
治療前
治療後
治療前
治療後