ドクターブログ

咬合療法研究会で発表してきました。

演題は「咬合療法から総義歯を生かすために」で神戸にて発表してきました。

総義歯(入れ歯)における下顎位や噛み合わせ様式などを発表しました。

昔からの総義歯論から現代における考え方の変化など色々考えさせられることばかりです。

肉が咬めるのはもちろんですが総入れ歯で食物繊維系を咬む切るのは至難の技です。

一日でも早くなんでも咬める入れ歯を考えていきたいと思います。

2013年11月10日

遅くなりましたが10月出来事!⑤

10月27日に力のコーディネーターに参加させていただきお手伝いさせていただきました。

受講生は歯科衛生士の方が多くで皆さんかなり真剣に勉強されていました。最近では虫歯、歯周病だけではなく力のバランスを読み取る事が歯科衛生士さんにも必要とされる時代なってきました。なぜこの口腔内になったのだろうかと原因を考えこれからのリスク回避をする事が予後の良い治療に繋がります。

みんなで勉強していきましょう!

 

2013年11月4日

遅くなりましたが10月出来事!④

平成25年京都府歯科医師会式典に参加させていただきました。たくさんの歯科医師が集まっており長期において歯科医療に従事されていた先輩方が表彰されていました。

長期に仕事につくためには健康でなければなれないので尊敬するばかりです。自分も一日でも長く診療ができるように頑張ります。

2013年11月4日

遅くなりましたが10月出来事!③

10月26日土曜日に右京区民フェスティバルに右京歯科医師会から参加させていただきました。イベントとしては右京区歯科マップと歯磨き粉配布させていただきました。すごい人数の訪れがあり口腔内に対する右京区民の意識が高くなってきているのだなと感じることが出来るイベントでした。口腔内のことでお困りのことがありましたらお近くの歯科医院にご相談ください。

2013年11月4日

遅くなりましたが10月出来事!②

月1回勉強会グリーンクラブ、ケアクラブ、シナプス開催されました。 その中でも今回のケアクラブでは1年半に1回まわってくる発表がありました。 題は「咬合再構成における機能性と審美性の獲得を目指して」でした。顎変形症もわずらっており噛み合わせの難しい症例を発表させていただきました。 40人くらいのドクターが集まっており色々な意見がでてすごく勉強になりました。 ケアクラブの皆様ありがとうございました。日々の臨床に活かしていきます。

2013年11月4日

遅くなりましたが10月の出来事!①

10月は何かと忙しくブログの更新が出来ていなかったです。

まず最初にあげる出来事は神戸で勤務していた時の患者さんからお昼休みにお電話をいただきました。

全顎治療を行っており治療期間が3年近くなっていた患者さんです。インプラントのかぶせ物が最後1歯治療を残して終了となってしまい院長に託した患者さんでした。

いつも親しく色々なお話をさせていただいていました。その親しい患者さんからお電話をいただき「先生最後の1歯終わったで~安心して~」と連絡していただいたのです。

また患者さんからは私の治療経過の写真も色んな患者さんのためになると思うから説明用に使用してくださいと言っていただいたのです。なんと心優しい患者さんなんだろうと涙が出そうになりました。この後いろいろ考えるとこの患者さんとの場を作っていただいた坂口先生とスタッフの皆さんまた心優しい患者さん他にもたくさんの方々に感謝だと感じる日々でした。

明日からまたまた頑張るぞー

2013年11月4日

ケアクラブ(三宮)に参加してまいりました。

今回は骨格性の3級(受け口)タイプの治療の難しさが勉強になりました。

受け口タイプの方は力からによる奥歯の喪失をまねきやすくなっております。

もし受け口タイプで心配されている方はご相談ください。

2013年9月19日

先週はスマート勉強会に参加してきました。

スマート矯正相談会では噛み合わせの難しい矯正治療を教えていただきました。

矯正することによるメリット、デメリットを学ぶことにより幅広い診断が可能になり早めの対応を矯正専門医に紹介することが出来ます。

2013年9月18日

グリーンクラブに行ってまいりました。

毎月1回神戸にて夜9時から気が済むまでドクターが集まり勉強会を行っています。今回は私と友人の先生2人が発表しました。

この勉強会の良いところはひとりで患者さんの治療計画を悩むのではなく色んな先生のご意見をいただくことにより最善の治療計画を考えることが出来ることです。いつもながら皆様に感謝するところです。

2013年6月8日

宮田歯科医院、5/7改装オープン!

宮田歯科医院、2013年5月7日に改装オープンします!

当医院では、“ ただ歯の治療をする”というだけでなく原因を追及します。その上で、お口の中の問題から生じる身体的・精神的な影響までも解決できるように、患者様お一人おひとりに合わせた治療方法を計画し、患者様のペースに合わせて治療していくことを目標としています。

_DSC2522

2013年5月6日