スタッフブログ

勉強会に行ってきました。

今回は、日常の生活の中でつい行ってしまう、癖が口腔内・顔貌・全身に及ぼす影響について学んできました。頬杖をついたり、左右どちらかを下にして寝ていたりすることで余計な力が加わって、顔や体に歪みの原因になるのです。

日々の癖を意識的に取り除き、口の周りや舌の筋肉をトレーニングして鍛えることで、歯列不正や顔・体の歪みが改善される効果があるとのことでした。

本来かかってはならない力(非生理的な力)がかかり続けることで、歯列不正を引き起したり歯を失う原因となることを知り、虫歯や歯周炎を予防することに加えて力のコントロールも意識しながら診療に取り組みたいと思いました。

DH 北谷

2014年7月13日