INFORMATION

お知らせ

お知らせ
宮田歯科の臨床

ルートメンブレンテクニックで行ったインプラント治療

ルートメンブレンテクニック

前歯部審美修復インプラント治療のテクニックの一つになります。

最大のメリットは抜歯後唇側の骨吸収が起こり歯肉退縮が起こりやすいのですが、あえて抜歯になる歯の一部を残し頬側の骨吸収を止めることです。

どうしても前歯においてはグラフトしてCGFの手法が多くなりますが10年経つと若干歯肉退縮が起こりやすくなるものです。

そこでルートメンブレンテクニックが出てきたのですね。

難易度は高いですが適応症例を選び治療を行なっています。