INFORMATION

お知らせ

お知らせ
宮田歯科の臨床

部分入れ歯の審美修復症例

よくノンクラスプデンチャーという言葉を聞くがこれが本当に予後の良いノンクラスプデンチャーだと考える。

入れ歯の引っ掛ける部分をクラスプという。

クラスプには維持、支持、把持と重要な役割がある。

ノンクラスプデンチャーは銀色の金具部分が表に見えないようにピンクの床を伸ばし審美的に綺麗ですよという事であり

機能性を損なっている事が多々である。

審美を求めすぎて機能を損なっていたら意味がないのではないか。

設計をもっと使いこなせれば症例のように全く部分入れ歯だとわからないこともできる。